Moneroについての投資判断


BITBLTCOINによる投資銘柄診断第十回目はZさんからの依頼でMoneroについてです。

概要
いわゆる匿名通貨です。Bitcoinはアドレスがわかれば資金の移動が完全にトレースできますが、Moneroの場合はring signatureという仕組みを用いてトレースできないようになっています。

本記事執筆時の時価総額は$186,164,692(約213億円)

仕様
総発行量: 厳密には無限だけど2000万XMRくらいとしてよさそう(本記事作成時流通量: 14,091,750XMR)
マイニング方式: POW
マイニング報酬: 可変
ブロック間隔: 約120秒

期待出来そうな点
– プレマインがない
– 匿名通貨の需要は依然として高い
– PoWでもうかなりマイニングされている

リスクとなりそうな点
– そこそこ時価総額が高い

総評
現状既に結構時価総額が高くなっており、数年単位で10倍とか見込むのは厳しいように思われます。それ以上の期間で見るとどうなるのか全然わかりません。
ただこの手の通貨の需要はやはりあるので大きく売り込まれる事もなく、今後の暗号通貨の発展と共にMoneroの値上りは十分に期待できるかと。
あまり面白みはなさそうですが、堅実な投資先と言えそうです。


もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら
Donate with IndieSquare

Blackcoinについての投資判断


BITBLTCOINによる投資銘柄診断第九回目はZさんからの依頼でBlackcoinについてです。

概要

このBlackcoinの大きな特徴は以下の3つがあります
– 非中央集権型の取引所 (Nighttrader)
– 非中央集権型のエスクローサービス (BlackHalo)
– 匿名性 (Legionairre)

エスクローサービスというのは例えばネットオークション等ネット上で誰かからモノを買ったときにお金を支払っても本当にモノが送られてくるかどうか心配な時にエスクローサービスに一旦お金を預けて本当にモノが送られたらお金が相手に支払われてモノが送られなかったらお金が戻ってくる仕組みです。

仕様

総発行量: 無限(本記事作成時: 75,980,149BLK)
マイニング方式: POS
マイニング報酬: 1.5BLK
ブロック間隔: 約64秒

分配状況

現時点での流通量: 75,980,149BLK
プレマイン: 0BLK

参照元:
https://bitcointalk.org/index.php?topic=469640.0

期待出来そうな点

– プレマインがない

リスクとなりそうな点

– NighttraderもBlackHaloも未完成
– 開発が止まっているぽい
– POSでしかも総発行量が無限

総評

このBlackcoinの目玉機能のNighttraderもBlackHaloも公式ページの進捗情報によると未完成のようなので、githubで開発状況(https://github.com/rat4/blackcoin)を確認してみたところ、半年以上リリースされているプロダクトに更新が入っておらず活動自体2ヶ月以上ストップしています。
完全に開発者が本気で開発していないです。
しかもPOSで無制限に新規トークンが発行されてしまったのでは価値は下がる一方です。
以上により投資するに値しないと思われます。

追記 2017/02/26

以下のコメントを頂きました。https://github.com/coinblack/blackcoin にリポジトリが移ったようですが、こっちのリポジトリも3ヶ月近く更新がなくホントにまともに開発が続いてるのかどうか怪しいです。
本当にプロダクトがリリースされたら再評価したいと思います。

> BlackHaloとNightTraderの開発は、今月のBlackHaloリリースと来月の更なるアップデートで続けられます。
> David ZimbeckはBlackcoin Slack(https://slack-blackcoin.herokuapp.com/)で活動しており、すぐにリリースの詳細を発表します。

> BLKコアコードのrat4の元のブランチは、BlackCoinに人気のあるbi​​tcoin HD multisig wallet bitcoreの移植を含むhttps://github.com/coinblack/blackcoinおよびjanko33(https://github.com/janko33bd)でさらに開発されています(https://payblk.blackcoin.io)やその他多くの今後の事柄について説明します。小さなアイディアについては、https://www.reddit.com/r/blackcoin/comments/5m7af3/what_is_going_on_in_blk/をご覧ください。

> reddit(https://reddit.com/r/blackcoin)にアクセスするか、開発情報が続く場所に足を運んでください。あなたの記事が示すように、このコインは死んでいません。


もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら
Donate with IndieSquare

Decredについての投資判断


BITBLTCOINによる投資銘柄診断第八回目はうどんさんからの依頼でDecredについてです。

概要

ビットコインにおける意思決定がマイナーやマイニングプールの意向に左右されてしまい、これは中央集権化だ!けしからん!!ということで生まれた暗号通貨がDecredです。
PoWとPoSによるマイニングが可能でさらにProposalを提案することもできるようです(Proof of Activity)。
このProposalが可決されることでDecredに新たな機能が追加されたり周辺エコシステムが成長していきます。
ここまでの事を聞くとDAOのようなもの、もっというとPoW付きのBitsharesのような印象を受けました。

仕様

総発行量: 21,000,000DCR
ブロックあたり報酬: 約30DCR
PoWによる分配率: 60%
PoSによる分配率: 30%
PoAによる分配率: 10%
ブロック間隔: 約5分

分配状況

現時点での流通量: 4577693DCR (総発行量の約20%)
プレマイン: 1,680,000DCR(総発行量の8%)

参照元:
https://wiki.decred.org/Bitcoin_Talk_Announcement
https://stats.decred.org/

期待出来そうな点

– 総発行量に対して現状の流通量が少ない(20%)のでパンプしやすい
– マイニング報酬はPoSだけでなく60%分はPoWもあり、新規発行分の下げ圧力が完全にPoSと比べると少ない

リスクとなりそうな点

– Bitsharesという先行者がいるし、特になにか技術やコンセプトに目新しさがない
– プロポーサルが全然出てこない(初めだけちょろちょろ出てる)。 https://github.com/decred/rfps

総評

割と歴史の長いBitsharesが時価総額1,000,000,000円前後にいまして、Decredも現状これと近い位置にいます。ともすると現状のレートは割と適正価格なんじゃないかなと思われます。
ただ、総発行量に対して現状の流通量が少ないためワンチャンパンプする可能性も十分にあります。Zcashの上々初日がまさにそういった例ですね。しかしながら対した流動性がないのでそういうのを狙うにもリスクがあります。
以上のことから現状は積極的に投資は厳しいが、可決されたプロポーサル次第では投資するのもアリかと思います、現状見る限りではまともにプロポーサルされる気配がないですが。。


もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら
Donate with IndieSquare

田中さんのXRPについての考察について思うこと


最近メキメキ界隈でプレゼンスを高めている田中さんですが、先日

Ripple(リップル)社のビジネスモデルについて – XRPについての考察というエントリーを発表しました。

850万XRPガチホしている僕からすると、とても気になるエントリーだったので読んでみたので思うところを書きます。

率直にいって、現状知り得る事実をもとに客観的にXRPのレートがなぜあがらないのかの理由がよくまとまったエントリーだなと思いました。XRPのレートがなかなかあがらない理由はほぼほぼ田中さんのエントリーに書かれていることで間違いないと思います。

ただし、1点このエントリーには抜けている観点があり、僕はそれに基づいて今後もXRPを持ちつづけようと思ってます。以下にその点を書きます。

およそ田中さんのブログで言及されているとおり中間通貨としてXRPが使われるだけではXRPの値上りは限定的だと思われます。

ただし、

「ILPを使いパブリックレジャーと接続されるからXRPは無価値にならないという反論もありますが、仮にそうなったとしてもXRPには大した価値はありません。リップル社次第で価格はいくらでもコントロールできるからです。」

とありますが、このレベルになったらある種の企業や個人にはRippleがインフラとしてなくてはならないものになっていると思われます。そうなったら当然そういう企業や個人に高くXRPを買わせるためにXRPを買い占めする投機家が沸いてでてくると思われます。そうなった場合いくらRipple社がXRPを放出しても630億と限りがある以上食いつぶしてしまう可能性が十分ありえると思います。
もしこういうRippleがインフラとしてなくてはならない状況ができあがった上でまだXRPが今のレートにあったら僕は追加で850万XRP買い占めてやろうと思います。

つまり投機対象になりうるという観点が抜けているように思うわけですね。この点を持って今後もXRPを持ちつづけようと思います。まあ、上記の状況がホントにできるかどうかはRipple社の運と実力によるところが大きくホントに実現するのかどうかは大いに謎ではありますがw

ちなみに、リップラーの多くは田中さんの主張と大石さんの主張をごっちゃにしている向きがありますが、少なくとも田中さんは新しいXRPを発行するような趣旨の事は一切言ってないのでその辺は留意した方がよいと思います(この話は今回のとは別の話なのであえて切り離してます)。

上記は完全に僕の誤解でした。正しくは

です。訂正と共に各位にお詫び申し上げます。


もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら
Donate with IndieSquare

apptradeについての投資判断


BITBLTCOINによる投資銘柄診断第七回目はBTさんからの依頼でGolemについてです。まだホワイトペーパーとかも公開されておらず、公式ページニュース記事のみでの投資判断となります。

概要

apptradeの概要を説明をしますと、いわゆるアプリの権利をトークン化してそれの売買をする市場です。トークンエコノミーの一例という感じですね。ここでいう”アプリ”が具体的にどういうのを指しているかはまだよくわかりません。

期待できそうな点

一番疑問になるのが、この分野の市場規模はどの程度あるのかという点ですね。ただ、残念ながらバッチリこれという資料がないです。乱暴ですが、矢野経済研究所が2010年度には日本国内のサイトM&Aが1500件・85億円規模に拡大すると予測しています。
このデータを元に世界の現在のアプリM&Aの市場規模を約50億円と見積りました。アプリはサイトと違ってアプリストアが管理しているおかげで売買するのが困難なのでサイトM&Aよりだいぶ低く見積もってます。
2020年になっても多くて100億円くらいかなと予想します。
この内、apptradeが10%シェアを取れたら2020年での流通量は10億円という感じですね。

リスクとなりそうな点

スマートフォンのアプリは非常に売買が困難です。iOSもandroidも公式appstoreはアプリの売買を考慮に入れてないのでアプリ単位で譲渡とか無理です。アカウントごと譲渡しないといけないし、アプリ内のメタデータ等の実装もアカウントに紐付いていてアカウントを譲渡されても色々と制約があります。
はたしてこのような制約下でapptradeがうまく機能するのか懸念があります。

更にそもそも市場規模や売買に参加するような人が少ないので、apptradeが埋もれてしまう可能性もあります。

総評

リスクや市場規模を鑑みるとICO時の時価総額的に2,3千万円くらいが妥当かなと思います。
やはりアプリ配信プラットフォーム、いわゆるappstoreがappleやgoogleのような企業に握られているのが厳しいです。この部分まで用意して普及させられたらすごく期待できますがなかなか厳しいように思われます。
ただし、”アプリ”がスマートフォン以外のアプリケーションを指している可能性もあり、そうなるとまた話は変わってきます。更なる情報が待ち望まれます。


もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら
Donate with IndieSquare