GameCreditsは本当に決済に使われるかどうか考察

最近GameCredits(GAME)がどんどん値を上げていますが、こうもどんどん値が上がっていくような通貨を本当にゲーム内の決済として使うようなゲームがあるのでしょうか? 極端な例ですが昨日はあるアイテムが100円だったのに今日は150円になっていたり明日は50円になったりしたらいつアイテムを買おうかとためらってしまいますよね。

この問題にどう対応するのか可能性を考えてみました

1. GAME表記の値段をなんらか法定通貨にリアルタイムに連動させる

ゲーム内のあるアイテムが100円の価値とした場合、必ず100円の価値になるようにGAME/JPYのレートを元に リアルタイムにGAME表記の値段を変えるのがこれです。 この方法であれば法定通貨建てでの価値を一定にすることができます。 これが出来たらば間違いなくこの問題自体は解消されます。 現状このような仕組みがあるのかどうかは謎です。

2. GAME表記の値段を定期的に値段を見直す

リアルタイムではないですが定期的にGAME表記の値段を見直すのがこれです。 ただ定期的にだと見直す前後で大きく価値が変わってしまうこともあると思われるのでとても微妙な気がします。

3. GAME表記の値段を変えない

これはそもそもここで挙げている問題を問題としない考えです。こうした場合、ゲーム内のアイテムが当初は300円くらいの価値だったのにGAMEの値上がりで3000円くらいになってしまうこともあります。 ゲーム内でのGAME表記の値段が変わらないのでいろんなゲームでアイテムがどんどん買われていくとGAMEの需要もどんどん増えていきGAMEの価値もどんどん上がっていってしまいます。 これの利点としては、将来的にGAMEの価値が上昇してアイテムの値段も上がってしまうのであれば早いうちにアイテムを買っておこうとユーザーの購買意欲を早期に高められるし、ユーザーもそれを見越してアイテムを買ったりとアイテムの価値の上下自体もゲーム要素として楽しむ事ができます。 そういうのが嫌いで純粋にゲーム性を楽しみたい人もいるでしょうが、僕はゲーム内のアイテムの価値が現実世界の相場にリンクして上下するのもそれはそれで面白いんじゃないかな〜と思ってます。いわゆるメタゲーム的な楽しみ方ですね。

なんにしろちょっと、この問題について公式に質問してみようと思います。もしこの問題についてお考えをお持ちの方はコメントして頂けますと幸いです。

追記 2016/07/01> chunriさんからtwitter上で以下のご意見を頂きました

@yuma300 @ihrimi2115 この問題私も気になりなした。可能性で考えると、直接GAMEで買えるプレミアアイテムとゲーム内通貨で交換できるアイテムと分けて、ゲーム内通貨はGAMEに交換可能とかならできるのではと思ったのですが。

— chunri(ちゅんり) (@kasuga93) 2016年6月30日

たしかにspells of genesisもプレミアカードだけブロックチェーンにのっけて取引可能としたりしていてアイテムの性質をわけてたりしており、この可能性も十分にあるなと思いました。 ゲームによって、この問題への対応方法が異なってくるのかもしれませんね。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

日本テクノ・ラボの第28期定時株主総会レポート

本日、日本テクノ・ラボ(3849)の第28期定時株主総会に参加したのでそのレポートです。 まず株主側は出席者が僕を含めて6名、会社側が12名(役員6名)とむしろ会社側の人の方が多かったです。 しかも僕だけスーツやワイシャツではなくてお気に入りのCUNEの服で完全に浮いてました。

株主総会で会社から説明のあった内容は以下の通りで、決算書や株主総会招集通知に書いてある通りで特にそれ以上の事はありませんでした。

– 貸借対照表・損益計算書を読み上げる – 剰余金の配当を読み上げる – 選任する取締役を読み上げる – 選任する監査役を読み上げる

質疑応答で以下の情報を引き出せました。

1. 今の利益率から鑑みるに来期の経常利益は予想では1億円程度としているが、3億5千万円程度になる可能性がある。予想では確実性を期すために保守的に1億円程度としている。

2. 関連会社のナルテックは今期売上3億円、経常損失5千万円くらい

3. 現在の社員数は32人で、この内20人がエンジニアである。

4. エンジニアを確保するのは非常に難しい。中途で即戦力になるエンジニアを得るのは特に難しい。採用できても定着しない場合が多々ある。新卒で毎年1名程度採用しているが必ずしも定着するわけではない。今後は大学・高専生のインターンシップ受け入れや、教授の副業を受け入れて大学との連携強化をしていく

とまあこんな感じです。なかなかビジネスをガッと短期間にスケールさせるのは難しいだろうなあと思いました。 ただ、非常に専門性が高くニッチなビジネスを行っていて着実な成長が見込めそうです。 ともすれば着実に利益を積み重ねて配当額を増やしていって欲しいなと思います。そういうスタンスでこの株とは向き合っていきたいと思います。

ガッと数倍狙うのは暗号通貨・暗号証券の方で狙っていきます。

余談ではありますが、日本テクノ・ラボの第28期定時株主総会では小型の魔法瓶を頂きました。日本テクノ・ラボさんありがとうございます!!

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

ビットコイン自動売買ボットの第2回テスト運用結果

前回のビットコイン自動売買ボット、フィッシュマン1号のテスト結果では2時間半回して8円の損失だったのですが、以下の点を改善してみました

– リファクタリングをしてコードの見通しを良くした – 速度制限がかかったwimax接続のローカルPCではなくてEC2上で動作させるようにした – bitflyerの1円以下の単位切り捨てによる損失がでないようにした – 無駄なAPIリクエストを減らして処理の効率化を行った – APIリクエストの順序を見なおして処理の効率化を行った

これらを改善した上で3時間ほどテスト稼働した結果が以下の通りです。

Before

BTC: 0.2075084500 JPY: 15344.46750

After

BTC: 0.2075084500 JPY: 15365.96750

約21円の利益です!!\(^o^)/ まだフィッシュマン1号はテスト稼働で色々と安全に倒してるため全力を出せてないのですが、これから全力を出していきたいと思います

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

【暗号通貨・暗号証券ICO】 Colonyについて

今朝トレンドストリームさんがColonyという新しい暗号通貨・暗号証券についてツイートしていました。

ちょっと公式サイトを眺めてみたらなかなか面白そうだったので記事にしました。

Conolyのキャッチフレーズに

Colony makes it easy for people all over the world to build companies together online.

とあります。

どうもこれはプログラミングが出来る人、デザインが出来る人、マーケティング戦略が出来る人をマッチングして仮想的な会社みたいなコミュニティを作ることが出来るプラットフォームのようです。

非中央集権型でトークンエコノミーを取り入れたクラウドソーシングみたいな感じだなあと思いました。うまくいきそうかどかは置いといても、中々面白そうですね。 ただICOに関する情報は無くて、そこら辺が気になります。

既にアルファ版は昨年から動いてるようで遠くない将来、我々も動くものに触れる事が出来るかもしれません。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

RISEのICOが終わった結果

2016年6月24日をもってRISEのICOが終わりました。 このICOでRISEは1708BTC(約$1110000)を集めました。時価総額が1億円を超えており僕としてはちょっと残念です。

ICOの結果の詳細はこちらにあります。更にICOの結果についてブログで語っています。 この中でアフィリエイト付きのICOは自分たちが初めてみたいな事書いてますが、既にCCEDKがOBITSとかBTSRとかでやっているので初めてではないです。上記のブログ記事の中で知ったのですが、既にBittrexでRISEが売買されています。

僕は今回のICOで2BTC分の投入して、97935RISE保持しています。現在の価格は1RISE = 0.00001947BTCとなっています。単純計算で約1.90BTCになってしまっており損失となっています。 ただ板が薄すぎて全然取引がされておらず現在の価格はあまり参考にはならなそうです。もしかしたらもっと損失が出るかもしれませんが、実は利益が出るのかもしれません。もう暫く待ちます。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare