【暗号(仮想)通貨関連銘柄】時価総額138億円のフィスコという企業の分析

暗号(仮想)通貨関連銘柄株の分析第5回目は暗号通貨取引所運営やフィスココインを発行したフィスコです。 フィスコ自体は金融投資情報を発信するビジネスを行っています。

業績

最新の決算短信にある業績は以下の通り()内は前期比。単位は百万円 平成28年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)の業績(平成27年1月1日~平成28年12月31日) 売上高: 10206(+21.1%) 営業利益: -533 経常利益: -950 当期純利益: -141 総資産経常利益率: -6.9% 売上高営業利益率: -5.4% 一株当たり当期利益: -3.90円(20.55円) PER: –倍 配当: 3円

売上が前期比で21%も上がっているのは連結対象の子会社が増えたからです。フィスコという会社はM&Aを多く行っているようで、そこまで広い範囲ではないですが多角的なビジネスを進めています。 こういう多角的にビジネスを進めている企業は投資対象としてあまり僕の好む所ではありません(あくまで個人の見解です)。 前期は黒字だったのに今回赤字に転落したのもデバイス事業が足を引っ張っているようです。デバイス事業を本業にするぐらいの覚悟で臨まないと大きくはこの領域で稼げないんじゃないですかね。

ただ、今後の経営方針に「金融サービス業におけるベストカンパニーを目指すこと」とあるようにやはり金融系の会社なのでデバイス事業で大きく稼ぐのは厳しいんじゃないですかね。ハードウェア作って売るのはホント難しいですよ。。。

財務内容について

特になし

総評

まったく見るべきところがないですね。。。暗号通貨銘柄としての観点で見ても取引所は完全にただのzaifの取次となっていて別にフィスコがやらなくてもいいぐらいだし、ただでさえ現状の暗号通貨取引所はあまり儲かりそうもないのにこれだからフィスコは全然に儲からなそうです。 mijinを使ったブロックチェーンのコンサルティングもするようですが、それについての資料見る限りブロックチェーン単品ではただの効率の悪いストレージだよ問題をわかっておらずブロックチェーンを効率の悪いストレージとして広めようとしているように思います。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

日経マネー 2016年10月号に暗号通貨投資家として紹介されました!!!

もうご存知の方も多いと思いますが、なんと!!!!なんと!!!! 暗号通貨投資家として日経マネー 2016年10月号に紹介されましたー!!!!!!

退職後の自分自身の戦略についてに書いた僕の戦略が一歩前進しました。

ぜひぜひご興味ある方は購入してみて下さい!!!

この勢いで次はテレビ出演するぞー!!!

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

Lisk (LSK)についての投資判断

BITBLTCOINによる投資銘柄診断第三回目はうどんさんからの依頼でLisk (LSK)についてです。現在の時価総額は28億円です。

Liskはちょっとだけ僕的に因縁のあるトークンでICOの最中からMicrosoftのAzure対応が決定し、これはおいしいのではと思ったのですが、結局ICOには参加せず見送ったら取引所での初値は7倍位になったりと非常に悔しい思いをしましたw

Liskがどういうものかというのはcoincheckさんのブログで日本語で詳しく書かれていますので以下に参照だけ用意しておきます。端的に言うとEthereumみたいなものですw

ブロックチェーンの仕組み 1 LISKとEthereumの違いとは?LISKの特徴や仕組みの基本知識

Distributionについて

ICOの詳細はLisk ICO Termsにまとまっています。

LISKのローンチ時の総発行量は100,000,000LSKでその内の85,000,000LSKがICOで売り出されて、8,000,000LSKがコアメンバーに配られ、残りがキャンペーンやマーケティング的なものとして配られるようです。85,000,000LSKは出資比率に応じて全額割り当てられたようで、売れ残りがマーケットに沸いて出てくるみたいな事はないようです。

ローンチ後はブロック毎に5LSKずつマイナーに報酬として配られます。ブロック間隔は10秒なので、365×24×60×60÷10×5 = 15,768,000で毎年15,768,000LSKずつ増えてく計算になります。transaction feeはこのマイナー報酬に乗っかってくるようです。

毎年のマイナーへの報酬による増加分が総発行量の1割以上もありちょっと気になる所ですが、ICOにおけるDistributionは大変素晴らしいです。運営側が私腹を肥やそうという感じでは全然無いです。マイナーへの報酬もDPOSなのでマイナーはもらった報酬を溜め込むと思われるのであまり売り圧力にならなそうですね(NEMみたいに)。なのでDistributionを鑑みるととてもおいしそうです。

期待できそうな点

期待できそうな点は以下の点かなと

アプリケーション毎にブロックチェーン(サイドチェーン)を用意して運用できる

一時祭となったTheDAOアタックのような事が起きたとしてもLISK本体には影響が出ず、アプリケーション側で柔軟に対応する事ができます。この一点を持ってしてもEthereumと差別化できております。

実際にLISK上で動作するアプリケーションの開発が進んでいる

Criterion Proof of Existence Dust Decentralized Trust on the Blockchain Discovr Monetize your art with Lisk Marketplace BlockData

現状時価総額がETHより圧倒的に低い

ETHの現在の時価総額が930億円でLSKの方は28億円です。圧倒的に安いですよね。Ethereumの方がリリースがLiskより早いですがまだ実運用されてるキラーアプリは皆無です。もしLiskがEthereumより先にキラーアプリを出しそれに続けとばかりにどんどんLisk上で動くアプリケーションの開発がスタートしたらETHの時価総額を越える可能性が濃厚だと思います。 そのようにならなくてもどうせ時価総額が圧倒的にETHより低いのでその賭けに負けたところでマイナスとはならないと思われます。つまり割のよい賭けだと思います。

リスクとなりそうな点

Distributionも素晴らしく、現状時価総額もそんなに高くなくEthereumとも差別化できていてあまりリスクぽいリスクも無いように思います。 このままアプリケーションが何もローンチせずLiskのコアメンバーもやる気を無くして放棄をしてしまうことくらいかなと思います。

総評

Distributionの状況も良いし、期待できそうな点も多くそれでいて時価総額も比較的小さく、一年以上の長期投資で投資するには非常に割がよいのではないかと思います。十分に数十倍になる可能性があると思います。今後どんどんアプリケーションが出てくるかどうかが値上がりのポイントとなると思われ、その辺の動向を注視していきたいですね。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with […]

セミニート御用達、週3で働ける求人サイト(ITエンジニア向け)

セミニートになるべき人の5つの要素にてセミニート適正がある人にセミニート生活を勧めたわけですが、実際にセミニートになるには週3で働ける職場を確保しなくてはなりません。

ということで、今回はIT系エンジニア向けに週3で働ける案件を扱う求人サイトの紹介をします。

レバテック

よくAdsense広告がでてくるところですね。いちおう案件一覧があるのですが、80%の案件は非公開ということで実際はどうなのか謎です。。

プロシート

こちらもレバテックさんと同じ感じです。

ITプロパートナーズ

案件が結構あるようで、しかもあまり非公開になってない!!すばらしいですね。

3スタ

「Webデザイナー」「フロントエンド・マークアップエンジニア」「HTMLコーダー」「Webディレクター」向けの求人ということでいわゆるIT系エンジニアとはちょっと違いますが、こういうとこもあるよということで。 ただ、案件一覧みたいなのがなくて、連絡ベースで案件選べるようです。面倒くさそうですね。

はたらこねっと

ガッツリ案件一覧が見れるし、仕事の内容や職場環境も記載されていてとても検討しやすいです。他の所もはたらこねっとさんの様なオープンなスタイルにして欲しいですね。案件の数もそこそこあります。

エン派遣

こちらもはたらこねっとさんと同じ感じです。

マイナビバイト

バイトの求人ということで他の所で扱う案件より報酬が少ないです。ただはたらこねっとさん同様オープンになっていてとても検討しやすいです。案件の数はあまり多くないです。

wantedly

昨今のITエンジニア系の求人といえばWantedlyは外せないですよね。Wantedlyでも週3で検索するとゴロゴロと案件がでてきます。エンジニア以外の仕事も色々でてくるし、エンジニアの仕事の中でも色んな仕事、色んな報酬レンジが出てきます。なかにはこれ大丈夫か?って案件も出てきてまさに玉石混交で面白いです。 掘り出し物が見つかればおいしいですね。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

Voxels (VOX)についての投資判断

BITBLTCOINによる投資銘柄診断第二回目はchunriさんからの依頼でVoxel (VOX)についてです

Voxelとは何かというとVoxelusというプラットフォーム上で使える専用のトークンです。

Voxelusが何かというと、VR等の3Dゲームを作ったり、販売したり、プレイできるプラットフォームで更にそれらの3Dゲームで使われる3D素材も販売することができるようです。 Voxelusの公式ページの説明を読む限りGamecreditのVR特化版という感じがします。

Voxelの仕様について

アルゴリズム: POW Scrypt(Litecoinのクローン) 総発行量: 210,000,000 (全てプレマイン済み) ブロック報酬: 0.00 (マイニングできるけど推奨せず) ブロック間隔: 2.5分

Distributionについて

総発行量が2.1億Voxで、クラウドセールで3500万Voxを放出したようです。その時の売り出し価格は1Vox = (0.34USD ~ 0.45USD)のようです。1Vox = 0.45USDとした場合の時価総額は 90000000USD = 約9億円ですね。。。。高!

残りの1.75億Vox(全体の85%)はどうなるかというと、完全に運営がリザーブしており、状況に応じて放出するようです。 これは非常によくない分配方針ですね。こういう感じの分配方針が非常によくないというのはRippleやObitsで大変思い知りました。。。 (余談ですが、Rippleは分配方針が非常によくないですがそれ以外がとても魅力的なので大量Holdしてます)

なぜ非常によくないかというと、任意のタイミングで好きなだけ運営が大量に放出できるのです。大量に持ってるんだからちょっと騰がったくらいでもどんどん放出してキャッシュに変えても全然後悔無いでしょう(しかもノーリスク・ノーコストで手に入れたモノだから放出に抵抗もあまり無いでしょう)。 一方で投資家からしたらそんな感じで売り圧力かけられるわけなのでたまったものではありません。。。 数倍になってもそのほとんどの値上がり益は運営がもっているわけですからね。投資家にはほとんどうまみがないわけですよ。せめて運営が投資家より少ないながらもキャッシュを入れてるならまあわかるのですが、ノーリスク・ノーコストですからね。これらにより投資家からしたら非常にロクでもない分配方針だと言わざるをえないですね。

期待できそうな点

昨今のVRの盛り上がりもあり、テーマ株的にその点だけをもってしてもとても魅力的です。今のところそれ位かなと。

リスクとなりそうな点

先述の通りトークンの分配状況が非常に微妙でリスクになりそうです。 更にGameCreditも同様ですが一切オープンソースになってないです。そのため進捗もよくわかりません。 プラットフォームということで、本当にこのプラットフォーム上で動作する魅力的なゲームを提供するメーカーが現れるのかどうか。 更に何気にトークン自体がPoWなのにブロック報酬がないんですよね(なのでマイニングを推奨してないし、それじゃ分散型にならないじゃないか!!)。これ、、、、もしトークンの価値が上がったらブロックチェーンが改竄されてしまうのではないかと心配になります。

総評

VR関連ということで夢はとてもありそうですが、現状を見ると投資するのは非常に厳しいと思われます。将来的には非常に魅力的になる可能性は無いわけではないのでVoxelusへの関心を維持するために少量投資するのはアリかなと思われました。 本格的に投資するのは配布状況が改善したり、もっとプロジェクトの進捗が進んでからがよいと思いました。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare