Moneroについての投資判断

BITBLTCOINによる投資銘柄診断第十回目はZさんからの依頼でMoneroについてです。

概要 いわゆる匿名通貨です。Bitcoinはアドレスがわかれば資金の移動が完全にトレースできますが、Moneroの場合はring signatureという仕組みを用いてトレースできないようになっています。

本記事執筆時の時価総額は$186,164,692(約213億円)

仕様 総発行量: 厳密には無限だけど2000万XMRくらいとしてよさそう(本記事作成時流通量: 14,091,750XMR) マイニング方式: POW マイニング報酬: 可変 ブロック間隔: 約120秒

期待出来そうな点 – プレマインがない – 匿名通貨の需要は依然として高い – PoWでもうかなりマイニングされている

リスクとなりそうな点 – そこそこ時価総額が高い

総評 現状既に結構時価総額が高くなっており、数年単位で10倍とか見込むのは厳しいように思われます。それ以上の期間で見るとどうなるのか全然わかりません。 ただこの手の通貨の需要はやはりあるので大きく売り込まれる事もなく、今後の暗号通貨の発展と共にMoneroの値上りは十分に期待できるかと。 あまり面白みはなさそうですが、堅実な投資先と言えそうです。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare