【暗号(仮想)通貨関連銘柄】時価総額67.6億円のリミックスポイントという企業の分析

暗号(仮想)通貨関連銘柄株の分析第2回目は先週末の金曜日にストップ高となったリミックスポイント(3825)です。現在の価格は228円です。前回はセレスです。

ストップ高になった材料は子会社のビットポイントが7月下旬に現物取引開始、10月上旬に信用取引を開始するという発表です。 リミックスポイント自体は中古車販売と売電、電力管理等のエネルギー関連ビジネスです。最近電力自由化の流れがあり、暗号通貨関連だけじゃなくてそっちでも成長に期待できそうですね。

業績について

直近の業績は以下の通り()内は前期比。単位は百万円 平成28年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)の業績(平成27年4月1日~平成28年3月31日) 売上高: 6,337(+60.5%) 営業利益: 345(+63.5%) 経常利益: 332(+63.8%) 当期純利益: 295(+30.0%) 売上高営業利益率: 5.4%

一株当たり当期利益: 7.84円(6.78円) PER: 29.08倍 配当: 1円

前の気に比べて売上、営業利益が60%も成長してますが、これは関東地方、中部地方で電力の小売を開始したのと省エネ機器の販売に拡販、事業者間の中古車売買事業の取引拡大に注力した結果です。

エネルギー関連事業

事業者に対して、エネルギー管理システム「ENeSYS」の販売をしたり省エネルギー化支援のためのコンサルティング、省エネルギー関連機器設備の販売、電力売買が堅調に推移したようです。電力売買事業は前半はかなり好調だったようですが、日本ロジテック協同組合との提携解消により後半は苦戦したもようです。ただ日本ロジテックとはこの分野で競合になる存在だったので同盟を切ってパイの奪い合いをするということでもし勝てばこの分野でガッツリ利益を得られるとうことですね

売上高: 3360百万円(前期比5.9%増) 営業利益: 465百万円(前期比55.0%増)

自動車関連事業

中古車販売事業者に対して中古車査定システム「IES」を販売したりコンサルティングをしているようで、取引先の開拓、既存取引の拡大に努めた結果堅調に推移したようです。。。堅調っていって売上が前期比3倍近くってどういうことだろう。。。

売上高: 2976百万円(前期比284.8%増) 営業利益: 73百万円(前期比125.6%増)

今後の業績予想について

– 電力自由化に伴い電力売買事業は拡大するけど競争も激化する。販売チャネルの拡大、更なる電力の拡大、エネルギ ー管理システム(EMS)の拡販に注力。人員が必要なのでそこへ投資を行う – 自動車事業は引き続き事業者間の中古車売買事業を主力にする – 子会社で暗号通貨取引所を運営する

平成29年3月期 売上高: 8532百万円(前事業年度比34.6%増) 営業利益: 235百万円(同31.9%減) 経常利益: 165百万円(同50.2%減) 当期純利益: 146百万円(同50.5%減)

売上は増加しますが、利益が減っているのは人員増強への投資なのでしょう。

財務内容について

特にないです。

[…]