【トークンエコノミー】テックビューロとCAMPFIREが事業提携 投資型クラウドファンディングは日本でも来るのか!?

詳細はzaifのプレスリリースにありますので省略します。

前々からクラウドファンディングとトークンエコノミーは相性が非常によいと思っていたのでとてもすばらしい提携だと思います。 プレスリリースでは今のところ会員権やチケットとして独自トークンを使うと書いてあるし、家入さん自身も投資型のクラウドファンディングをやるつもりはないと明言しているのでこの事業提携により投資型クラウドファンディングの普及が日本でも進むとは思えないですが、大きな一歩となることには間違いないと思います。

トークンエコノミーとは関係ない話ですが、おそらく家入さんが投資型クラウドファンディングはやらないと明言しているのはイケてそうなビジネスをやろうとしている数少ない人達をメインターゲットとしておらず表現が難しいですが沢山の有象無象な人達をメインターゲットとしているからなんでしょう。

イケてそうなビジネスをやろうとしている人達はクラウドファンディングではなくベンチャーキャピタルやエンジェル投資家を頼ることができるわけで、そういうのに頼れない人達のための場を提供しているのでしょうね。 これはこれでとても素晴らしいと思います。

暗号通貨投資で1億円総資産築いても一向に出版社から書籍化の話が来なかったら、僕もCAMPFIRE使って自費出版しようかなと思ってきました!その時は暗号通貨投資家の方々に声をかけて共著を募ってみんなで盛り上がりたいですね。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

日本初!株式投資型クラウドファンディングサービスを運営しようとしているユニバーサルバンク株式会社

先日の記事投資型クラウドファンディングと暗号通貨・暗号証券がIPOのオープン化を進める未来において投資型クラウドファンディングに非常に期待していることを書きましたが、なんとユニバーサルバンク株式会社という会社が投資型クラウドファンディングサービスを行おうとしているようです。

まだ詳細は不明ですが、今後ウォッチしていきたいと思います!

現在ユニバーサルバンク株式会社では証券会社出身の営業担当を募集をしているようですので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare