AugurのREPが上場しても売らない理由

先日AugurのREPが配布されめでたくPoloniexにも上場されました。 上場後、REPの値段はどんどん下落していってますが、僕は現時点でも全くREPを売ってません。 twitterでちょっと理由を説明しましたが、

@dogyearm 僕はAugurに賭けてICO参加したので、まだAugur自体がリリースされてない現状で売ったら特に理由もなく当初の目論見から外れるわけで合理性がないす

— びっとぶりっと@暗号通貨/暗号証券投資家 (@yuma300) 2016年10月5日

これだけだと仮に後々暴騰してもたまたまアホールドしてただけと思われるのも癪なので本記事でキチンと理由を説明したいと思います。

まず、上記のツイートにも書いた通りまだAugur自体がリリースされてもないのに今の値段が高すぎるかどうか評価しようがないし、Augurが目論見どおり動くならば今の時価総額ではむしろ安すぎると思っています。 ともすれば当初Augurが目論見どおり動く方に賭けてたのにその前提が崩れてもないのに降りてしまうのは投資行動に一貫性がないなと考えました。

更にもう一つ大きな理由があり、こっちの方が重要です。

今でこそAugurはICOの数倍になって結構期待されてるわけですが、AugurのICO当初はホントに開発進むのか?法律的に大丈夫か?そもそもICOとか得体の知れない資金集めにのって大丈夫?等々かなりリスクがあったと思います。 そういうリスクを鑑みて50BTC入れたわけです(100BTC入れようと思ってたけど当局の介入で開発ストップするリスクが怖くてやめた)。

たしかに現状ICO価格の5倍強になってますが、リスクに対するリターンがまだ少ないと考えてます。 リスクに対するリターンが少ないということはつまり期待値的にはマイナスということで、たまたま今回はうまくいってプラスになっているが、繰り返すとマイナスになるというわけです。つまり全然人気の出ないICOに突っ込んで大損する時もあるので、当たったときのリターンを最大化するということです。 従ってまだ降りずにリターンを伸ばす方がよいと考えました。

今までの僕だったら怖くて間違いなくガッツリREP手放してると思いますね。。。 ポーカーでかなりドキドキを味わってるのでだいぶその辺の耐性がついたように思います。 特に2個目の考えはポーカーでの考え方を応用してます。

いずれにせよ、REPをもっと早い段階で売っといた方がよかったという結果になるかもしれませんが、それはそれで僕なりに納得できると思います。

暗号通貨・暗号証券投資の始め方はこちら

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

AugurのREPを格安で入手する方法

AugurのREP配布は10月4日に行われる!!!でお伝えした通り、近々REPの配布が行われます!

現在のREPのレートはGatecoin価格では現在$12.12(0.02000000 BTC)です。

なんと現在この価格より格安で手に入れる方法があります!! それはGatehubが発行するRipple上のREPのIOUを購入します!!!!

Ripple上のREPのIOUの板を確認すると現在こんな感じです。

残念ながら板はスカスカで大量に買えるわけではないですが、取引履歴を見るとだいたい1REP=1000XRPくらいで売買されてます。現在のXRPのレートで 1REP = $8.8です。Gatecoin価格の70%くらいです。

これまでに僕は上記の通り格安価格でセコセコとREPのIOUを買い集めて222REPになりましたw

ただ、このREPのIOUはあくまでIOUで現物のREPではありません。その辺はお気をつけないとですね。

暗号通貨・暗号証券投資の始め方はこちら

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

AugurのREP配布は10月4日に行われる!!!

REPホルダーの皆様、とうとう来ました!!!!!!! 公式ブログでREPの配布の日程が伝えらました、その日はなんと!!!!なんと!!!!!!! 10月4日です!!!!!!(記事タイトルに書いてありますねw

Test How To Access Your REP – Second Trial – Deadline is October 3 (September 27, 2016 update)

上記公式ブログに書かれていますが、その前に本当にその日に本物のREPが送られてくるか確認する方法があります。念のため確認して置く事をオススメします。

方法は至って簡単です。

https://testnet.etherscan.io/token/0x1b380cac15d862bcf13058ac1533c54be7f01fd2 へアクセスします。

Filter By Address:という箇所にREPのクラウドセールページに入力したEthereumアドレスを入力しApplyボタンをクリックします。

すると以下の様にTest用のREPが送られていることが確認できます。これでもう本物のREPも無事送られてくる事が保証されました。一安心ですね!

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

AugurのREP配布は9月後半以降に行われる模様

Augur公式よりアナウンスされていた通り2016年9月12日をもって配布先のEthereumアドレスをセットできる期間終了となります。 まだセットしてない人は直ちにセットしましょう。

それで気になるのはいつREPが実際に配布されてトレード可能になるか?ですが joey が slack上で以下の発言をしています。

REP distribution won’t be until last sept

と言うことは間違いなく9月の終盤まではREPの配布が行われなそうですね。となると10月頃に配布されるのだろなあ〜と僕は予想 します。

すでに秋のICO祭りは始まっており、REPの一部をICOに入れようと考えているだけにとても待ち遠しいです。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare

AugurのREPは9月12日からトレード可能!?

8月5日のAugurのslackに以下のようなやり取りがありました。

REPを買うにはどうしたらいいか?という質問に対して joeykrug が

just wait until next month and you can buy it on chain

と答えています。REPの現物が買えると言ってるのでしょうが、ちょっとどういうことか分かりませんでしたが、おそらく分かりました。

Redditでjoeykrug が

deadline to submit eth addresses is sept 12 and after then it’d be tradable.

と答えています。Augurリリース目前!? クラウドセール参加者はEthereumアドレスをセットしようという記事に書いたとおりクラウドセールでREPを買った人がEthereumアドレスをセットすべき期限は9/12までで、おそらくその期日のときにREPが配布されるのでしょう。それをもって取引所なりで取引できるよということだと思います。 取引所側がREPの取引に対応してないと実際には取引できないわけですが、おそらくPoloniexやGatecoinはすぐに対応するんじゃないですかね。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare