Voxels (VOX)についての投資判断

BITBLTCOINによる投資銘柄診断第二回目はchunriさんからの依頼でVoxel (VOX)についてです

Voxelとは何かというとVoxelusというプラットフォーム上で使える専用のトークンです。

Voxelusが何かというと、VR等の3Dゲームを作ったり、販売したり、プレイできるプラットフォームで更にそれらの3Dゲームで使われる3D素材も販売することができるようです。 Voxelusの公式ページの説明を読む限りGamecreditのVR特化版という感じがします。

Voxelの仕様について

アルゴリズム: POW Scrypt(Litecoinのクローン) 総発行量: 210,000,000 (全てプレマイン済み) ブロック報酬: 0.00 (マイニングできるけど推奨せず) ブロック間隔: 2.5分

Distributionについて

総発行量が2.1億Voxで、クラウドセールで3500万Voxを放出したようです。その時の売り出し価格は1Vox = (0.34USD ~ 0.45USD)のようです。1Vox = 0.45USDとした場合の時価総額は 90000000USD = 約9億円ですね。。。。高!

残りの1.75億Vox(全体の85%)はどうなるかというと、完全に運営がリザーブしており、状況に応じて放出するようです。 これは非常によくない分配方針ですね。こういう感じの分配方針が非常によくないというのはRippleやObitsで大変思い知りました。。。 (余談ですが、Rippleは分配方針が非常によくないですがそれ以外がとても魅力的なので大量Holdしてます)

なぜ非常によくないかというと、任意のタイミングで好きなだけ運営が大量に放出できるのです。大量に持ってるんだからちょっと騰がったくらいでもどんどん放出してキャッシュに変えても全然後悔無いでしょう(しかもノーリスク・ノーコストで手に入れたモノだから放出に抵抗もあまり無いでしょう)。 一方で投資家からしたらそんな感じで売り圧力かけられるわけなのでたまったものではありません。。。 数倍になってもそのほとんどの値上がり益は運営がもっているわけですからね。投資家にはほとんどうまみがないわけですよ。せめて運営が投資家より少ないながらもキャッシュを入れてるならまあわかるのですが、ノーリスク・ノーコストですからね。これらにより投資家からしたら非常にロクでもない分配方針だと言わざるをえないですね。

期待できそうな点

昨今のVRの盛り上がりもあり、テーマ株的にその点だけをもってしてもとても魅力的です。今のところそれ位かなと。

リスクとなりそうな点

先述の通りトークンの分配状況が非常に微妙でリスクになりそうです。 更にGameCreditも同様ですが一切オープンソースになってないです。そのため進捗もよくわかりません。 プラットフォームということで、本当にこのプラットフォーム上で動作する魅力的なゲームを提供するメーカーが現れるのかどうか。 更に何気にトークン自体がPoWなのにブロック報酬がないんですよね(なのでマイニングを推奨してないし、それじゃ分散型にならないじゃないか!!)。これ、、、、もしトークンの価値が上がったらブロックチェーンが改竄されてしまうのではないかと心配になります。

総評

VR関連ということで夢はとてもありそうですが、現状を見ると投資するのは非常に厳しいと思われます。将来的には非常に魅力的になる可能性は無いわけではないのでVoxelusへの関心を維持するために少量投資するのはアリかなと思われました。 本格的に投資するのは配布状況が改善したり、もっとプロジェクトの進捗が進んでからがよいと思いました。

もしこの記事がお役に立てたら寄付をお願いします!寄付や寄付特典の詳細はこちら Donate with IndieSquare